TOP  > 会社情報  > ブランドメッセージ
会社情報
「食卓に、おいしさと感動を」神州一味噌 創業1662年・宮坂醸造 ブランドメッセージ
すべてはお客様のすこやかで豊かな食文化のために。

食卓は、食そして家族だんらんの原点。

当社では2007年から「食卓に、おいしさと感動を」という企業スローガンを展開しています。食卓は食の原点であり、みそ汁はご飯とともに日本の食卓に欠かせない料理です。家族での食事は、楽しいコミュニケーションの場です。
「おいしさ」を追求することは食品メーカーとして当然のことですが、その「おいしさ」に感動し、食べていただきたい。そして買っていただきたいという気持ちを「感動」というスローガンに込めました。
「すべては、お客様の豊かな食文化のためにある」という従来のビジョンに、味噌の持つ「機能性」を付加した新たなるビジョンで、お客様に感動していただけるオリジナリティーの高い商品を提供。独創性に優れた食文化の創造に邁進していきます。

  味噌から『MISO』へ。世界の食卓に味噌文化を発信。

世界が注目している発酵食品、味噌。

日本の伝統的調味料である味噌。いま、健康に良い食品として世界中が味噌に注目しています。アジア・ヨーロッパ・オセアニアなどでは、味噌の輸入量が急激に伸びています。
また味噌は昔から伝統的な健康食品と考えられてきました。原料の大豆や米が持つ機能性はもちろん、発酵によって得られるさまざまな効能を持っています。近年では血圧を下げる物質の存在の他、乳がん・胃がんなどのがん予防、コレステロールの抑制や老化防止など、生活習慣病予防にも強い味方となる成分が豊富に含まれていることが、研究の結果、明らかにされており、まさに「温故知新」。
さらに、味噌には放射線被曝から体を守る働きがあることが動物実験により判明するなど、味噌の成分と効用は今後よりいっそうの脚光を浴びていくでしょう。

常にチャレンジの姿勢で。

当社は、業界の先陣を切って1991年にアメリカ進出を果たしました。いまやアメリカの食生活に定着したといってもいいみそ汁。当社が微力ながらも、その普及の一翼を担っていると自負しています。現在では、ほぼ全米で当社の製品が入手できます。
日本食のグローバルフード化に伴い、味噌も海外での販売が好調に推移しています。2012年、アジア各国及びイスラム圏への輸出も見据えて、合弁会社PT.MIYASAKA INDONESIAを設立。アジアの新たな生産販売拠点として工場を建設、稼働し始めました。味噌のプロフェッショナルとして、世界に日本の食文化を提供すること、そして日本だけでなく、世界各国のコンプライアンスに適した商品を提供すること、それが当社の使命であると考えています。