TOP  > 季節の行事・イベント  > 土用の丑の日
季節の行事・イベント

土用の丑の日はうなぎと一緒にしじみ汁を飲もう!

み子ちゃんと土用の丑の日

土用の丑の日と言えば、うなぎの蒲焼き。ビタミンA、B群が豊富なうなぎは精がつくとされ、土用の丑の日に食べる習慣が定着しています。
しかし、土用の丑の日の食べ物は、『うなぎ』だけではありません。うなぎと一緒にオススメしたいのは、しじみ汁です。

しじみ汁をオススメする理由!

肝吸いの変わりにしじみ汁

しじみの旬は、まさに土用なんだよ。

うなぎと一緒に食べる汁物は、「肝吸い」と言われています。しかし、内臓が苦手という人も多く、何より肝はうなぎ1匹に1つしか取れません。
そこで、身を丸ごと食べるしじみなら、肝の代わりとして最適です。
「しじみの汁物」なら、誰でもおいしく食べられます。

旬の土用しじみは栄養豊富

栄養たっぷりでおいしいよ!

しじみのおいしい時期は年に2回。
身のひきしまった「寒しじみ」と、栄養たっぷりの「土用しじみ」の頃と言われています。
特に土用の頃のしじみは、冬の雪解けの水と暖かい気候に誘われ、川底からはい出して卵を産むための栄養をたくさん体に取り込んでいます。
夏バテ対応には、アミノ酸やビタミン、ミネラルいっぱいの土用しじみがおすすめです。

土用の丑の日とは・・・

土用とは、古代中国の五行説で、土は「季節の変わり目」の象徴でした。
日本では、夏の土用が有名ですが、春・夏・秋・冬すべてに土用は存在し、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前約18日の期間のことを指します。

丑の日は十二支の1つ、丑(うし)の事。
諸説ありますが、「丑の日には“う”のつく食べ物を食べるとよい」という言い伝えがあり、江戸時代の有名な学者、平賀源内がうなぎ屋から「夏場にうなぎが売れない」と相談されたので、店先に「本日丑の日」と貼り紙をさせたら、大繁盛。以来、夏の土用の丑の日はうなぎを食べるようになった。と言われています。

み子ちゃんのおすすめは国産しじみ使用の国産しじみ汁
生タイプの殻付きしじみ使用で熱湯を注ぐだけで簡単に食べられます!
国産しじみを使用で貝からのだしが効いた汁、身までおいしく食べられます!
国産しじみ汁4食入の商品詳細はこちらから 国産しじみ汁を土用の丑の日にうなぎと一緒に食べてね!