TOP  > 会社情報  > 品質への取り組み
会社情報
徹底した品質管理体制で、安全で高品質な製品づくりを目指しています。
原材料の調達から製造・販売まで一環したトレーサビリティを実地。

食品に関わる企業に対する、安全性などの品質要求はますます厳しくなろうとしています。当社では厳格な品質管理体制のもと、原材料の調達から製造・販売まで一貫した食品のトレーサビリティシステムを確立しています。原材料は原産国の産地までトレース(証明)可能であり、流通過程までをも確認することができます。
安全性を確認できる原材料のみを調達し、品質管理規準を設けた衛生的な工場で安全・安心、質の高い製品づくりを実施しています。さらに自社内の検査室において常に製品検査をし、異常を見逃さない体制を整えています。

産地が見える、原材料がわかる、だから安心。

原料大豆は、スタンダードな味噌には主にアメリカ・カナダ産を使用。産地や流通ルートを明確にし、安全性を確保しています。プレミアムな味噌には厳選された国産大豆を使用するなど、徹底的に産地にこだわっています。原料の米は、政府が管理する輸入米だけでなく、国産の銘柄米も使用。輸入大豆の残留農薬は年度毎に数100項目にわたる検査を実施、輸入米は政府の公表する300項目以上の検査結果などで、安全性を確認しています。
即席みそ汁の具材に使用する輸入野菜のほとんどは、契約農場で栽培され、ISOやHACCP認証を取得した最新設備の工場で加工製造しています。

信州上諏訪の地味噌メーカーから始まった当社。規模が大きくなり商品ラインナップが増えても、安全と美味を追求した製品づくり、この思いは変わりません。

製造拠点の中核、甲府工場 -味噌・味噌加工品-

厳しい管理体制のもと、継続的な改善を行いながら高品質の味噌はもとより、調理味噌などの加工品を製造している神州一味噌の基幹工場です。
ISO22000  JQA-FS0151
〈みその設計・開発及び製造、みそ加工品(即席みそ汁及び調味料)並びに調味料 (即席スープ及び漬け床)の製造〉

伝統の丸高工場 -味噌-

豊かな自然環境の中、代々継承された伝統の心と匠の技で、絶品の味噌を製造しています。

最新鋭の東久留米工場 -フリーズドライ-

フリーズドライ製法で、さまざまなニーズにお応えしています。
ISO22000  JQA-FS0030
〈フリーズドライ食品の設計・開発、製造及び配送〉
〈乾燥食品(非常食等)のセットアップ〉

商品を形にする上野原工場 -セットアップ-

即席みそ汁の袋詰め・カップ詰めなど、お客様の手元にお届けするのに最適な包装・セットアップを行っています。
ISO22000  JQA-FS0030
〈即席みそ汁(輸出を含む)、即席スープ及び乾燥食品(七草等)のセットアップ〉